忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
注意事項とお願い
このブログは2年を経て復活いたしました。 更新の方はぼちぼちと滞る事が多いと思いますが 好きな事を目いっぱい書いていこうと思います。
勿論某アイドルグループの事も! 海外ドラマは斜め思考の邪妄想で見ています。 そんな管理人の病的ともいえる妄想吐き出し場です 免疫のある方のみ遊んでやってください。
同性愛的要素、大人なトークを多く含みますので、不快を示す方、義務教育を修了していない未成年の方は閲覧をお控え下さいますようお願いします。
また、萌、などの腐女子発言も頻繁に出てきます。そういった事の理解出来る方、大人のジョークの分かる方のみ入室お願いします。
注意事項を守らず不快な思いをされてもこちらは一切責任を負いません。後は自己責任でお願いします。

使用しています画像、文章の権利に関しては、著作権及び肖像権に帰属します。掲載している画像、文章等の無断転載は禁止です。
リンク
Maillform
ご意見・ご感想ありましたら、気軽にどうぞ♥ お返事はブログ内記事にていたします。 ※但し悪戯・中傷・迷惑・宣伝広告等のメールは一切受付けません。
Powered by NINJA TOOLS
アクセス解析
ブログ内検索
[296] [121] [120] [148] [119] [149] [150] [200] [263] [22] [118]
第7話 夢の国アメリカ A Tree Falls (WATS2)

<ネタバレ感想有り>
ストーリー>>
ヒスパニック系の少年が黒のSUVに連れ込まれる失踪事件が発生。
目撃者は15人、しかしその誰もが違う証言をしていた。ただ連れ込まれた少年が必死に抵抗していたことは間違いないようだ。
調べによると少年は空き缶や空き瓶を拾ってそれをお金に換えていたようだった。
失踪から数時間たった今も家族からの届け出はない。
なぜならこの地域の半分は不法入国者だからだ。そのため強制送還や警察を恐れている。そして不法入国者だとすれば入国時には組織の力を借りている可能性もあった。
入国時の代金を返済できず子供を誘拐されたのでは・・・・
あらゆる線で捜査することに。
まずは近くの小学校をあたる。すると少年の担任から証言がとれる。
少年の名前はネルソン・ロドリゲス 10歳。授業なども真面目に出席していた。
しかし最近どこか思い詰めていた感じだったという。ニット帽を買ってくれとせがまれた彼女は、一度は断ったもののあまりにも真剣だったので買ってしまったというのだ。
彼女から少年の住所を聞き出したサムはマーティンとヴィヴに報告。直ぐに教えられた住所へ行ってみるが、そこは密入国者にお金で住所を貸していた男の住所だった。
少年について聞くと、一昨日、人を待っている様子だったという、それから20分ほどして黒い車が現れネルソンがその車に乗り込んだのち5分ほどして出て来たという。
目撃証言と一致する黒のSUV。ネルソンは危ないことをしていたのではないのか・・・
一方、ネルソンが売ったニット帽から母親ハナ・ロドリゲスの勤め先が判明。彼らはやはり密入国者で、以前グアテマラに住んでいたという。缶を拾いに行くと言って家を出たまま帰ってこなかった息子を心配し警察に届けようとしたが「警察は信用ならない」とネルソンの兄テオに止められたという。父親は出稼ぎに行き明日帰ってくる予定だ。
ネルソンが違法行為に係わっていたのではと疑っていた母親。居なくなる前日ネルソンが大金を持っていたというのだ。どうしたのかと聞くと稼い金だという。疑いながらも追及しなかったハナ。そんな時ネルソンのアパートの捜索で、300ドル以上の大金が見つかる。
ハナには犯罪者リストを見て貰うため一端オフィスへ来て貰うことに・・・・。するとハナから知っている顔があるという。それは性犯罪の班歴がある男だった。話を聞くがネルソンの誘拐には関わっていないという。しかし4日ほど前に、スペイン語で言い争う声が聞こえたというのだ。子供をナイフで脅していた所を目撃した。
失踪から25時間後、ダニー達は兄のテオの元へ向かった。
話を聞くと、300ドル以上の大金についてはテオがギャングらから盗んだステレオを売ったものだという。頬の傷もその時脅された傷だという。ギャングには別のステレオを盗んで返したので既にけりはついているのだというのだ。
その後耳を切り落とされた一人のヒスパニック系の少年の遺体が発見される。両親に顔を確認してもらうとそれはネルソンではないことが判明。しかしその少年は知り合いだった。
アルベルト・デルカド、ネルソンの遊び仲間だった。彼らも密入国者で、組織に借金をしていたのだ。その金が返済できなかったために息子は殺されたのだった。
そこで浮かび上がった男はフランコ・レイズ。居場所は不明。
ネルソンの両親に聞くと、まだ4000ドルの借金があることが判った。
ダニー達はテオが何か隠しているとにらみ尾行していた。テオは高級車を盗もうとしていたのだ。直ぐに捜査官に押さえられる。
一方ネルソンの父親がレイズと会うところをマーティン達が追尾。レイズの居場所を突き止める。レイズの話では、ネルソンは4000ドルを払ったという。
そしてマーティンはレイズの住処で耳をそがれた少女を発見するのだった。逆上したマーティンはレイズを射殺してしまう。
失踪から46時間が経過した頃、もう一度テオに弟の居場所を聞くことに。
ダニーの説得と父親の言葉で話し始めたテオ。
ネルソンは修理工のオーナー、スモールズの金を偶然見つけたのだった。
その金は盗難車で稼いだ金だった。スモールズはラジオの裏にある工具箱に隠していたのだ。
その金でネルソンは借金返済。しかしスモールズはテオがやったと思い、ネルソンを人質にして、指定した車を盗めと脅迫していたのだった。
無事ネルソンは発見され、家族の元へと帰っていった。
* * *
ちょっと気になった俳優さん。ネルソンの兄テオ役を演じたJeremy Ray Valdez君、何故気になったのかというとこの間のCSI:NYにも出演していて、おお!知ってる顔だぞい!ってことでちょっと書いてみました。
CSI:NYでは白タクの運転手である父親が殺害されCSIのダニーから父親を悪く言われ怒りをあらわにした青年の役を演じてました。だだそれだけなんですけどね(笑)ブラッカイマー作品だから被るのかね・・・・(笑)
* * *
感想>>
見終わった感想としては、今回ダニーとマーティンがメインのストーリーだったような気がしました。そしてまたアメリカの陰の部分が浮き彫りになった回でもありましたね。
WATは全体的に問題定義となる話をベースにドラマが作られている感はありますよね。
でも今回は前回に比べて無事解決となったので落ち着いて観ていられました♪
ただ、マーティンが容疑者を射殺したのにはちょっとビックリ。両親の愛が薄かったとしても耳を切り落とされるという過酷な境遇には決してお目にかかることがなかったマーティンにはちときつかったのかな・・・カルチャーショックだったのかも(そんなんで一括りにして良いのか・・・)
お坊ちゃまマーティンからしたら闇の部分がリアルに自分に襲いかかったんでしょうね。
その点ダニーは余裕でした。ダニーの境遇からしたら経験済みだったのかも・・・
テオに問いかけるシーン
自分の置かれた境遇から逃げ出したかったダニー。あの頃の自分とテオが重なって見えたのでしょうね・・・・。そっか、ここで前回の伏線が生きてくるわけね・・・
警察から逃げてたダニーは人生を変えるために警察官になったのね!しかし私は、ダニーが傷口を見せるシーンに一人大興奮。白い肌がヒヒヒ・・・(ヨダレ)
ドラマのラストシーンで対照的な二人がとても印象的でした。
ダニーのどことなくすっきりした表情に比べ、報告書の書類に目をやりながらとまどいと憤りを感じているように見えるマーティン。
二人の違った人生が交差した瞬間だったのかもしれないですね。
やはり奥が深いWATだなとまた思わされたのでした。

↓から妄想劇場となります。ダメな人はクリックしないようにしましょう!

■まずはダニー素敵シーン(サムネイル大)
  
  
  
  
いや~今回は素敵なダニーが沢山でした。
最後の一枚はネルソンを送り届けてテオと握手して去っていくダニーなんですが、表情が良すぎです!(興奮)

■続きましてダニマー愛コン&ツーショット
 
マーティンの見つめる表情に萌・・・可愛すぎる(≧w≦)

ダニー&マーティン二人の世界↑です(笑)
サムもマーティンを見てるんですが、マーティンの目線はダニーに釘付け・・・のように見える(腐)
しかもその後の目のそらし方が素敵なのよ~マーティン♪
 
さりげに座る瞬間ダニーをチラ見するマーティン
 

■ここから妄想劇場↓↓↓(注:偽関西弁有り)
前回どちらか「女役」かで揉めていたと思ったら、余興での女装をどちらがするかで揉めていた二人。WATメンバーを巻き込んでのダニー女装争奪戦(何を奪う?笑)が始まるのでした。

ダニー「ということで、前回の件を話しおうてみようとおもいます」


マーティン「僕は絶対にダニーが良いと思います」


ヴィヴ「それってマーティンがしたくないだけでしょ」


ジャック「いや、私もダニーが良いと思ってる」


ダニー「だから何で俺なんですか!」


マーティン「もう観念しなよ」


マーティン・・・チラッとダニーを伺います。


ダニー「俺の方がマーティンより何十倍も男らしいで♪」


ダニー「それに背が高い!」


サム「ちょっと待って・・・身長で決めるのはどうかと思うわ」


ジャック「私もそう思う」


ダニー「・・・・」
ちぇっと思っているダニー(笑)


ジャック「マーティン意見はあるか?」


マーティン「ええ・・・そのダニーは僕より体重が軽いはずなんです。姫役は抱き抱えられるシーンがあります。だから体重が軽い方が良いと思うんですが・・・」


「・・・・・」
ダニー大ピ~ンチ!!


マーティン「でも、ダニーが絶対に嫌だって言うなら僕がなったって構いません・・・」


ダニー「あほぉ、男なら一度言ったことを曲げんな・・・だから・・・俺でエエんや」

結局全員で惚気た二人を見る羽目になるのでした・・・(笑)
余談・・・

ジャック「とりあえずダニーのサイズでドレスを頼む」
とこれまたオチがついた所でおしまい♪

■おまけ
◎今回はダニーがホワイトボードに書き込んでいました。→こちら
これはダニーとマーティンのお仕事なのでしょうか?

◎そしてダニーはサムと組んでの捜査だったんですがそんな二人の素敵ショットをどぞ
 
↑息がぴったりな感じの表情がgoodです! ↑二人の似たような表情に大受け(笑)

◎ダニーの出血大サービスシーン→その1 その2
しかし、マーティンに比べると腹だしシーンの多いダニーです(笑)。

◎マーティン水玉模様のネクタイ第2弾
 

←水玉っぽいというよりは・・・どちらかと言えばウロコに近いような・・・(笑)
黄色のネクタイって・・・マーティンでも似合ってる


最後、どうでも良いことですが、二人の仕草が似ていたのでUPしてみました!
 
肩を上げて首をかしげる仕草がとても似ていたんですよ~~可愛い二人です(笑)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]