忍者ブログ
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
注意事項とお願い
このブログは2年を経て復活いたしました。 更新の方はぼちぼちと滞る事が多いと思いますが 好きな事を目いっぱい書いていこうと思います。
勿論某アイドルグループの事も! 海外ドラマは斜め思考の邪妄想で見ています。 そんな管理人の病的ともいえる妄想吐き出し場です 免疫のある方のみ遊んでやってください。
同性愛的要素、大人なトークを多く含みますので、不快を示す方、義務教育を修了していない未成年の方は閲覧をお控え下さいますようお願いします。
また、萌、などの腐女子発言も頻繁に出てきます。そういった事の理解出来る方、大人のジョークの分かる方のみ入室お願いします。
注意事項を守らず不快な思いをされてもこちらは一切責任を負いません。後は自己責任でお願いします。

使用しています画像、文章の権利に関しては、著作権及び肖像権に帰属します。掲載している画像、文章等の無断転載は禁止です。
リンク
Maillform
ご意見・ご感想ありましたら、気軽にどうぞ♥ お返事はブログ内記事にていたします。 ※但し悪戯・中傷・迷惑・宣伝広告等のメールは一切受付けません。
Powered by NINJA TOOLS
アクセス解析
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第56話 「退場(最終回)」  Exeunt Omnes
2時間の拡大スペシャルで幕を閉じたOZS6。
流れを順番に書き出して見ました。

スタントンの密告により、所長を殺害したのはライオネル・ケルシーだと判明。 ケルシーは市長を殺したブラッドにも手を貸したうえ、そのブラッドも殺害していた。
マクナマスは、ケルシーに懲罰房に入れると脅し、レオを殺すよう命じたのは誰か聞き出す。
ケルシーはあっさり自供し、看守のジョンソンだと判る。
デブリン知事の秘書であるペリーがローウェンにブラッド、レオの殺害に関与していたとジョンソンが証言。結局は自分の首を絞めることになったデブリン知事。

レオが死に、新しいボスがやってきた。以前OZにいた事のある、マーティン・クワーンズ。
彼が新しいオズワルド刑務所の所長に・・・。

乳がんの手術をうけたステラが退院。退院を待ち望んでいたリバドウ。二人の愛は違うものだったが無事仲直り。
ブスマリスは結婚はしたが刑務所での固執面会を許してもらえていない今、子供が欲しくても作れないと言う相談に、人工授精と言うてがあると教えたリバドウ。 自分の子供を作りたいため人工授精の許可を願うが、司法委員会はそれを却下。キレれて暴力を振るったブスマリスは独房へ・・・。

一方看守のクレアはいろんな囚人とセックスした結果妊娠。しかし中絶はせず産む事を考えている。

アキレスを切られバスケット選手の夢を絶たれた看守のブラスは「仕切りなおし、生まれ変わる」と言い残しOZを去った後、バスケット選手のジャクソンを射殺、捕まる。

ホイットは、クルティエが運ばれた場所をムカダ神父に喋った事で、病棟で腹を刺され殺害される。コレにはホイットが殺害した悪魔の申し子カークの母親も一枚絡んでいる感じ・・・。
結局、死刑は免れられても死は免れられなかったってことね・・・・。

アリフは実際はレディングが故意に製本機械を壊した事を、「故障だった」とウソをつき罪悪感をもって過ごしていたが、その罪の意識に苛まれ告白、マクナマスによりMシティの檻へと入れられる。レディングはアリフの証言で独房へ・・・。

トルケマーダのコカインでチコはおかしくなり自分の首を掻っ切り病棟へ。

ミゲルはウルフギャングの妻と良い中になりそうになるが、シリンガーたちによって制裁を受ける。
その後ミゲルは前回の仮釈放委員会で殴ったウィズ・ルイーズに謝罪するため二人で話すが、仮釈放の見込みが全く無いこと、永久に出られないことを告げられ、絶望のどん底へ・・・。
しつこく言い寄られていたトルゲマーダの誘惑に乗ってしまう・・・。

イツイックは死にたいという願望からホワイトを殺害し、処刑される日を待っていたが、死刑は取り下げられMシティへ戻ることに・・・。シスターピートが何故サイードを殺したのかという質問に、イツイックはあるイスタンブールのCafeでサイードにコーヒーをおごってもらった事があり、サイードは彼に滅びていく星や終末論の話をし、それを一笑に付した。しかしイツイックはサイードの言葉が彼の心に入り込み恐怖心を植付けられた。そのために復讐したと告白。

ライアンの父親も罪を犯しOZへやってきていた。元妻であるスザンヌの恋人、ジャフリーを殺害しようとしたが、逆に自分が刺され病棟へ。シリルに最後の言葉もいえなかったが父親は全て上手く行かないことで逃げの人生を送っていたことを息子のライアンに告白し、一人で死ぬのは嫌だと泣きつく。一応この親子の確執に終止符が・・・。
弟シリルは、一度は死刑執行を免れたけれど、上訴が棄却され、とうとう死刑が執行されてしまう。

ロブソンはHIVポジティブのために、F監房に移されることに。
自分がHIVに感染し、初めて加害者の立場を理解。無防備なセックスをしたことを反省し、自分の罪を受け入れたロブソン。

FBIのケイラー捜査官はケラーに固執するあまり、ビーチャーにケラーが犯した殺人の証言をしてくれと話を持ちかける。自分を嵌めたケラーを許せずにいるビーチャーはその相談を受けようと迷う・・・。

そして、マクベスの本番・・・。
ビーチャーとシリンガーがもみ合いナイフで刺すシーン
ケラーはシリンガーに、ビーシャーを殺すよう本物のナイフと擦りかえるというが、実はビーチャーに本物のナイフをしていたケラー。そうとは知らず、シリンガーの胸にナイフを突き刺したビーチャー。シリンガーは息絶える。何故か観客囚人たちは大喜び!!
そして、結局は事故として解決するのだった。

ビーチャーの房に戻ってきたケラー
全ては愛するビーチャーのためにやったことだったと告白。
ビーチャーは、ケラーとの別れを切り出すが、もみ合いの末、ケラーは2階の柵から転落死。
実の所ビーチャーはケラーを押しておらず、ケラーの巧みな罠は死を持ってビーチャーを縛るという行為に出たと思われ・・・・。
自分の命までも・・・それほどビーチャーを愛していたのだと思うと切なくなってきた・・・。やり方はかなり歪んでるけど、ケラーさんの愛は本物だったのだろう・・・。

最後、毒物か化学兵器薬物か・・・の白い粉がOZに送られてきて、看守と囚人が死んでいた。でOZ刑務所から一旦退去。復旧のめどは無い・・・まさに退場・・・・

そして、最後のオーガスタスの言葉・・・。
この言葉こそ最後にOZとは何だったのかを集約しているような気がした・・・。
『ストーリーはシンプル。刑務所にいる男が死んでゆく・・・。
どう死ぬか、それも簡単。
人物と理由、そこがややこしい事だ。
一番生々しくて一番知るべき価値がある・・・とこさ・・・。
ピース・・・。』


The End

拍手[0回]

PR
第55話「廃品」 Junkyard Dawgs
今回のOZは・・・
いやはや、今回はフォーガットン?と思わせるビーチャー椅子縛り!!
ケラーさん、久しぶりのビーチャーさんの唇の感触はどうでしたか?その後シリンガーとキスしちゃいかんよ・・・。しかし、この二人のキスシーンにはなんらトキメキも無かったな・・・。
やっぱり、ビーチャーとケラーじゃないと!と再確認させられました。

今回は悲しい出来事が・・・オマーホワイト・・・死んでしまった。なんかどこと無く憎めないキャラだっただけに、あんなあっさりと死んでしまっていいものか・・・(涙)。

アホのロブソンはHIVに感染・・・!!マジですか。誰にうつされたのかしら・・・ウルフギャング?・・・。

そして、まさかのまさか、レオまでも・・・レオが死んでしまって今更ながら実感しました。あーやっぱりOZ終わるんだな~と言うことです。
最近嵌ったばかりなので、なんか凄く濃いOZを味わっている私です(笑)

拍手[0回]

先週のOZをちょこっとだけ・・・。
第54話「死刑」 A Day in the Death

今回のナビは久々登場・・・ってS1であっさりこの世を去ってしまったオルトラーニさんことセダッチさんだ!!

そして、私はオライリー弟、シリルの死刑執行の所で一人号泣、兄ライアンの「兄弟愛」に感動すら覚えました。というか、この二人実際兄弟なのでなんかホントに弟が死んでしまう~という演技が本物に見えてしょうがなかったです。そのため観てる私もかなり感情移入してしまいました。
そして、死刑執行の日、シリルには治療だと言って(シリルは脳に受けた傷が元で知的障害になっていて、そのため極度のヒステリー障害を持っているのです。少しでも癒そうとシスターが渡した靴下の人形シリコに嵌るあまり、分裂症の傾向も・・・その治療のために電気治療を定期的に受けていたんですね。)電気椅子に向わせるシーンでまたしても一番号泣です(笑)。久しぶりにドラマを観て泣いたような気がします。
そしてMシティの皆がいっせいに自分の房から音を鳴らすシーンに胸が熱くなりました。

そして死刑執行かという所で、市長からの電話が!!神様の祈りが通じたのか、死刑執行中止に。よかったよ~シリル~ライアンの祈りが通じたのかもね・・・ミーハン神父の力かもしれないし、みんなの思いが通じたのかもしれないですね・・・。

まあ、前振りはさておき(前振りかいっ 笑)、私のケラビーがぁ(っておい!)


ケラビーはどんどんと行ってはいけない方向へ・・・いっちゃだめ~~と止めたいですよ。
しかしねえ、何でもしゃべりゃいいってもんでもないんだよビーチャー!(≧◇≦)
彼の「彼女ができた発言」のためにケラーは嫉妬、そのためもう一度OZへ戻ってくることになったビーチャー。ケラーさんが罠にハメたんですね・・・。こっからケラーさん歪んだ愛へと変貌していくのでした(いや、元々ストーカーの気はあったけども 笑)。
でも、私から言わせればだね、嘘でも「ケラー命」と言っておくべきだったと思うんですが・・・。ケラーさんは一途なのよ~~。そして、「お前を死刑囚監房から出さなければ良かった」発言はいかんだろう!!ビーチャー!!言われたあとのケラーさんの顔みた??かなりショック受けてましたよ~~。そのあとが怖かった・・・ケラーさん「かわいさ余って憎さなんとか・・・」なになっておりました。
そして、シリンガーとまた手を組んでしまったケラーさん・・・。ああ~悲劇は起こるのね・・・。

拍手[0回]

ケラビー祭り。なのに、またまた別バージョンをお楽しみ下さい(現実逃避?)
今回、OZで、命を落とした人たちリストというモノを作ってみました。私が分かってる範囲ですので忘れてる人とかいると思いますがそこら辺は愛嬌でお願いします。
とりあえずS1~S6 第5話目までの故囚人達。

中途半端ですが、とりあえずリストまで。後でリンク貼ります(一部貼ってます)。

拍手[1回]

●長らくお待たせいたしました。次は、二人の出逢いとその軌跡編です。

■運命の二人
ビーチャーは「OZ」S1の初回から登場。シリンガーの優しい言葉に騙され同室になったが最後、ビーチャーはシリンガーの性欲処理機となってしまうのです。ケツには卍の入れ墨までさせられて・・・。その間シリンガーから奴隷のように扱われるのですが、とうとうブチ切れたビーチャーはシリンガーに牙をむき(牙を向かれた直後のシリンガー)、復讐の機会を待ちます(ブチ切れビーチャー二連発その1その2)。これがシーズンを重ねるごとに二人の溝は広がるばかり、で最後には自分の家族を巻き込んでの泥沼な戦いが始まるのでした。

そういえば、アホのロブソンが、凶暴化したビーチャーにフェ●を強制させて噛み千切られた事がありましたね・・・あの時、ビーチャーが噛み千切った破片をペッて・・・(コワッ)。

一方、ケラーはS2から登場してきます。ケラーは実はシリンガーがビーチャーを陥れようと送り込んだ刺客だったのですが、ビーチャーを騙して自分の虜にしてしまうもくろみは達成されるも自分もミイラ取りに・・・・ (爆)。 最後にはケラーのビーチャーを想う力が勝り、シリンガーを裏切ることになるのです。
と、簡単にまとめてしまいましたが、この二人が結ばれるまでにそれはそれは紆余曲折しながら、ひっついたり離れたり、かなりなバイオレンスな恋愛でして。。。

拍手[0回]

ケラビー祭り第2弾・・・「ケラビー出逢いと愛の軌跡編」の・・・その前に・・・。
私のお気に入りキャラをご紹介していいですか?(駄目と言ってもしますけど・・・)。

それは、オライリー兄です。オライリー兄は弟シリルに対し愛情ある兄貴ぶりを見せる反面、他の囚人たちに対し腹黒ライアンとして大活躍!

009.jpg本名:ライアン・オライリー
囚人番号:97P904
刑期:12年で仮釈放有りの終身刑
罪状:97年7月12日 自動車による2件の殺人、5件の無謀な危険行為、規制薬物の所持、武器の不法所、仮釈放違反等々ってまだあるのか。
現在:全力で弟シリルの死刑執行阻止活動中。

OZ内でも凶暴の策士と言われているライアン君。狙った獲物は必ず仕留めるという凶悪性を持つ彼ですが、決して自分の手は汚さずクリーンにその仕事をこなす様は悪魔の申し子と言われる「カーク」よりも悪魔な気が・・・。しかし、弟シリルに対しては愛情に満ちた良いお兄さんを見せるのです。
一度、母親にラップなダンスを見せたのにはちょっとサブイボが・・・(あ、悪気はないですよ)

■彼の悪行三昧編
沢山あるんですが(笑)、
大体のパターンとしては、自分が邪魔だなぁと思ったら、そいつより強い奴、またはそいつと敵対している奴に最もらしい嘘を吹聴して、殺させるパターン。もう一つは自分がやばい状態になったら理不尽な脅しを掛け、相手を追いつめるパターン。が見受けられます。
この間もOZ内でイタリアンマフィアを牛耳っていたボスのシベッタを殺害した(S1だったか、同じ調理場担当だったアデビシにちょっとずつシベッタの食事の中にガラスの破片を入れされるというワル知恵を与え死に追いやったデビルライアン。この時も自分の手を汚さずスマートに人殺してましたね)事が息子のピーター(彼もOZに服役中、しかも何度かレイプされるという悲惨な目に遭ってます。)にバレて、ピーターがライアンに脅しをかけるわけです。しかも、お前の大切にしている者を呪い殺す・・・と、でもってミーハン神父が死んだのも俺が呪い殺したからだとか言って。で、実際母親の車のキーが無くなり(ライアンの母親はエムシティで芸術・音楽を教えているんですね)、あわてたダミアン・オライリー兄は、パンカーモにピーターが「呪いの術であんたを殺すっていってたぜ」と嘘八百を吹き込み、目の上のたんこぶ同様、ピーターを亡き者にしたのでした。めでたしめでたし?
家族を守るためなら悪魔に心を売り渡すことなど屁とも思っていないオライリー兄でした。
一時は、ミーハン神父のおかげで、氷の心が溶け始めたかに見えたのに、ミーハン神父の死でまたまた逆戻りか?!と思ってたんですが、今まで神を信じず、背を向けていたダミアン・オライリーが、聖書を読み、また神を信じると言った彼の心の中で何かが芽生えたのでしょうか・・・。

拍手[0回]

現在、「OZ」はスーパーチャンネルにおいてS6の第3話まで放送されました。実はこのシーズンでファイナルとなるOZ。来月で見納めなのです(シクシク)
で私は考えた。ここで、私の「OZ」の出逢いから、ケラビーに嵌った経緯、ケラビー名場面(ラブシーンオンリー)、その他気になるキャラの紹介などしてみようかなと・・・。

●第1回目は私がOZに出逢い、なぜ嵌ってしまったのか・・・をご紹介します。

まずは今回核となる中心人物を紹介。

247ed9ac.jpg■ビーチャーについて
名前:トバイアス・ビーチャー
囚人番号:97B412
刑期:懲役15年
罪状:97年 飲酒運転で人身事故。子どもを跳ねた上死亡させ、殺人罪で服役 

現在は仮釈放中。元弁護士という力を発揮し、仮釈放後も、ケラーの死刑執行を阻止するために献身的に全力で取り組んでいる。
元エリート弁護士。妻、子供二人、妻は自殺、子供は長男がシリンガーの命令により誘拐殺害される。S6の1話目でビーチャーの親父も刺され死亡。手を下したのはシリンガーに奴隷のように扱われ、そこから抜け出したいためにビーチャーの父親に手を掛けたウィンスロップだった。

008.jpg■ケラーについて
名前:クリス・ケラー
囚人番号:98K514
刑期:懲役88年仮釈放まで50年
罪状:98年6月16日 殺人罪、2件の殺人未遂、銃による傷害、強盗、無謀な酒酔い運転
現在、3人の男性をレイプし、殺害したとして死刑囚房にて服役中
ビーチャーが仮釈放になったことで気弱な発言も・・・もし、俺が死んでも忘れないでくれ・・・って(泣)

離婚歴3回、実質4回の経歴を持つ。フェロモン放出ケラーは、看守のクレア・ハウエルとも関係を持ったり(勿論女性です)、ビーチャーのガールフレンドで弁護士のキャサリンを誘惑したり、シスターピートにまで手を出すんじゃないかという勢い。しかし、この男ケンカはめっぽう弱いと私はにらんでます。

拍手[0回]

忍者ブログ [PR]