忍者ブログ
妄想吐き出し場・・・
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第3話 水辺の恐怖 Dead in The Water (SNS1)

 <注:ネタバレ感想有り> 
大まかなストーリー >> 
ウィンスコンシン州 レイク・マニトック 18歳のソフィーが近くの湖で水泳中忽然と姿を消した。今回同じ湖で3人の犠牲者を出していることに疑問を持ったディーンは父親を一刻も早く探したい弟を説得し湖を調査する事に。自然保護局の捜査官として早速ソフィーの家族に聞き込みする。しかし彼女の兄の話では水泳選手だった妹が溺れるはずは無いと主張。父親は娘の死で打ちひしがれていた。そこで地元保安官の元へと向かう二人。すると新たな事実が判明。国が修理を認めず放水路を開けた為半年もすればダムは崩壊、町全体がなくなると言うのだ。そんな時保安官の娘アンドレアと出会う。彼女の夫もまたあの湖で亡くなっていた。そしてその一部始終を見ていたのが息子のルーカスだったのだ。しかしルーカスは事故のショックから口を利かなくなっていた。どうにかディーンたちは手がかりを得ようと彼女達親子に近づく。そしてディーンに少しずつ打解け始めたルーカスは彼が描く絵を手がかりに湖にいる悪霊の正体を突き止めるのだった。そしてその悪霊となった悲しい原因を知るのだ・・・・ 以下から邪感想になります。同性愛要素大です。ダメな方はスルーしましょう!

拍手[0回]


■ツーショット&愛コン
                           
やっぱり、多いこの二人の愛コンって・・・・ハァハァゼェゼェ・・・ 

■サミー嫉妬する検証①

   

ウエイトレスのお姉ちゃんに「Can I get you anything eles?(他にご注文は?)」 と聞かれて、デレッとする兄ちゃん。しかしトイレ?から戻ってきたサムが目ざとく見つけ・・・・油断も隙もあったもんじゃない・・・と、すぐに「Just the check, please.」おあいそお願い!とサミーがすかさずここから出ようとします。が・・・ディーン「You know, Sam, we are allowed to have fun once in a while.」(分るだろ?サム。俺達にも時々は楽しむ事が必要だ)「That's fun.」だとウェイトレスを指さしサムに言いますが・・・・サムの無言の拒絶。ヤバイと思ったのか。ここは空気を変えねばと、ある事件の話に切り替えるディーンが、ここでも口論。サムがディーンの態度に切れてます。サムはどんどんと親父の手がかりが無くなってきていることにイライラ・・・というかあのウエイトレスに嫉妬ですね(笑)こんな事件にうつつを抜かしている暇はないと抗議!なサムでしたが、ディーンがまたあのウエイトレスに視線を向けるのを見て、分かった事件現場へ行ってみよう!とあっさり同意・・・はえーよサム!わかりやすすぎだろ!とついツッコんだ私です(笑) 

検証②
   
またディーンが女に色目を使っている・・・そう思ったサムの悲しそうな顔↑(ちがっ 爆) 
そしてその彼女にモーテルを案内してくれと言ったディーンの背後でサムは・・・   
↓オーマイガッなサムでトドメです(笑)
 完全にいい加減にしてくれよっ!と嘆いているサムですね(笑) で、そんな背後のサムに気づいたのか・・・
 ぼやけてますが、サムを気にしているディーンの姿・・・ディーン!いい加減にしてよ! 別にいいだろう・・・・と言ってると思います!>決定

 検証③
 そうして2ブロック先を案内してもらっている二人とにかくサムはディーンばかりを見てます 

サムの目が怖いです  
ちきしょう、ディーンめ、後でおしおきだからな!

  
どんなお仕置きしようかな・・・と思案中なサム・・・ 
と、思ったらディーンも折角彼女が振り向いたのにサムしか見てないし↓・・・(爆)  
結局アンドレアにはディーンは極度の方向音痴だと思われてしまい、サムからも「いつから子供好きになった?」と嫌味を言われるディーン。結局知ってる子供の名前すら言えないディーン>笑ろた・・・(笑)
どうでもいいことですが、この人たち↑なんて季節感バラバラなんでしょうか・・・・ディーンにいたっては革ジャンきてるんですけど、女の人半袖のブラウスだよ・・・どう見ても薄着なんだけど・・・寒くないのか? それともディーン、サム、暑くないのか?どっち・・・・?(笑) 

検証④
  
 アンドレアの親父さんにこの町から出て行けと言われた二人。サムは事件も解決し出ていくことを選択。というよりサムがあの親子とディーンを引き離したいと思われ・・・(笑)が、ディーンはルーカスのことが気になると引き返えします。とタイミング良くルーカスが血相を変えて二人を部屋に入れるとアンドレアが実は「死の水」に襲われていた・・・というシーン。まずはルーカスを追ってディーンが階上へ駆け上がり、ルーカスをサムに渡します。ドアを蹴破ったディーンはルーカスを自分が預かり、サムがアンドレアの元へ・・・・これってどう考えてもサムが率先して行った感じがするのは私だけ? 浴槽って事は当然アンドレアは裸なわけですよ。それでなくてもディーンの行動にハラハラしていたサムなんですから(笑)。
その前に既にこの町を離れたがっていたサムとしては・・・・やっぱり当然の行動だったのではないかと邪推していましました(笑) (キャプルの忘れていたので急遽Supernatural TV 様よりお借りしました。)

 ■萌えシーン
 
 サムの服の匂いをかいでるのかと思いました・・・一瞬(笑)  
近いよ・・・・あんたら・・・・。

 ■おまけ【その1】
ルーカスに心を開いてもらおうと(協力もかねて)自分の母親の死について語ったディーン・・・を物陰から見つめているようにも見えなくないサムの図2枚目↓(若干ストーカーぎみ?)   
そうしてルーカスの心を掴み彼から貰った絵を手がかりに、当時行方不明になった少年を探す二人。
そんな道すがら・・・・
   
これを聞いたとき、何故オリジナル通り訳しないんじゃ~と思いました。そのままだったらもっと萌えれるのに(腐) 

では、まずは字幕から >> 
Sam:さっきの 母さんの話 初めてだな Dean:雑談だサム、熱視線でじっとディーンを見つめている・・・・ Dean:湿っぽくなるなよ これが字幕での台詞です。が、実際オリジナルはなんと言ってるかと言うと( )は私のヘボ訳です。
 Sam:You know...what you said about Mom...     ...you never told me that before. 
(ねえ、母さんのことについて・・・今まで話したこと無かったよね)
 Dean:It's no big deal.
(大した事じゃない)
 サムディーンを見つめる・・・見つめる・・・見つめる・・・と
 Dean:Oh, God. We're not gonna have to hug or anything, are we?
(おいおい、ハグしようって気じゃないだろうな?)
 
この台詞はやばいでしょ!!それにその台詞の後のサムの表情かなり萌っすよ~ 勿論サムはハグしようとしてたに決まってるじゃないですか!ディーンさん!!!あの熱視線はハグ・・・いや、もっとそれ以上のことをしようと思っていたに違いない!そんなニヤケたお顔でしたよ(笑)

 【その2】
最初に、湖に引きずり込まれるようにして消えたソフィーの家族を尋ねるシーン。  
自然保護局のフォードとハミルです。とディーンが自分達を紹介していますが、これってスターウォーズに出演した二人 ハリソン・フォードとマーク・ハミルをパロってます?もしかして・・・? そういえばSNの特典にキャスティングの話で、サムとディーンはルークとハン・ソロだとかなんとか・・・・。この回では中の人の名前を使ったってことでしょうか?そしてルーカス君は、ジョージ・ルーカスですか?・・・・(笑) と、3話目upしました。今回は映像が多かったので妄想劇場はお休みしました。もうね・・・やっぱりねSNはUPしながら満腹になるんですよ・・・・血圧上がりっぱなし(笑)では次回4話。頑張ってUPするぞい!
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
SNS1 第4話 悪魔からの伝言 Phantom Traveler HOME Without a Trace FBI失踪者を追え! S2 発売決定!
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
注意事項とお願い
このブログは2年を経て復活いたしました。 更新の方はぼちぼちと滞る事が多いと思いますが 好きな事を目いっぱい書いていこうと思います。
勿論某アイドルグループの事も! 海外ドラマは斜め思考の邪妄想で見ています。 そんな管理人の病的ともいえる妄想吐き出し場です 免疫のある方のみ遊んでやってください。
同性愛的要素、大人なトークを多く含みますので、不快を示す方、義務教育を修了していない未成年の方は閲覧をお控え下さいますようお願いします。
また、萌、などの腐女子発言も頻繁に出てきます。そういった事の理解出来る方、大人のジョークの分かる方のみ入室お願いします。
注意事項を守らず不快な思いをされてもこちらは一切責任を負いません。後は自己責任でお願いします。

使用しています画像、文章の権利に関しては、著作権及び肖像権に帰属します。掲載している画像、文章等の無断転載は禁止です。
リンク