忍者ブログ
妄想吐き出し場・・・

第2話 闇と戦う旅出 Wendigo (SN S1)

<font color="dd3333"><注:ネタバレ感想有り></font>

大まかなストーリー >>
ディーンとサムは父親が残した手帳に書かれた座標を手がかりに、目的地であるコロラド州のブラックウォーター・リッジという森へとやってきた。森林警備隊で聞き込み開始。するとヘイリーという女性が兄のトミーを捜しにやってきたというのだ。しかし戻ってくる予定の期日にはまだ日があったためレンジャーは相手にしなかったという。その事が気になったディーンは早速彼女の元へ。
自分たちは森林警備隊だと偽り早速調査を開始。すると定期的に送ってきたトミーの映像付きメールに不審な影を見つける二人。今年に入り旅行者が2名行方不明になっていたり、過去を遡ると23年おきに人が消えていることが判明。その中に59年に発生した事件で生き残っていた人物を見つける。そしてその老人の話を聞き、それが熊ではなくブラックドッグの仕業ではないかと考えた兄弟は、翌日トミーを探しに行くというヘイリー達に同行することに。
ガイドとヘイリー姉弟と一緒に父親が日記に残したと思われる座標を目指し進む兄弟。そして、そこには無惨な姿で残されたキャンプの残骸が・・・・。
そこで怪物と遭遇したディーン達は、それがブラックドッグではなくWendigoだと分かる。銃では殺すことの出来ないWendigo。兄弟はWendigoが力を充分発揮できない朝を待ち退治しようとするのだが・・・。

以下から同性愛的表現が出てきます。ダメな方はスルーしましょう。
O.Kなかたは↓からどうぞ♪


■最初は萌ツーショット&愛コンから今回も素晴らしく二人のショット満載でした。
                       
なんかきりがないのでここでやめます(笑) ■続きまして萌シーン悪夢から飛び起きたサムを気にするディーンの台詞が良いですね。
 
今まで一度も運転などさせてくれなかった車を「運転するか?」とサムを気遣うディーン。それに対し「心配してくれてありがとう、でも大丈夫だよ」というサム。うう・・・兄弟愛ですね。しかしそんな爽やか兄弟愛も次の台詞では邪観察せずにはいられませんでした。ヘイリーという女性が兄のトミーを探しに来たという件。ディーンはちゃっかり彼女の住所を聞き出しまして・・・・と 突然サムが・・・の台詞です↓ 

Sam:ナンパか? Dean:なんだと? Sam:親父が残した座標を前に寄り道かよ Dean:さあな、現地の下調べってとこ 

何故そんなこと言うんだ?とサムを見つめて何かいいたそうなディーンに Sam:なんだよ! Dean:お前いつからやる気になった? Sam:今だ Dean:へえ

なんですかね!この会話!明らかにサムが嫉妬してるようにしか思えないんですけど。あれが男の住所だったらあんなに癇癪起こさなかったかもよ・・・とか思ってしまいました(笑) でも、ディーンはなんだか嬉しそうに見えたのは私だけ?ねえ? 次に二人がブラックドッグだと思い、彼女たちと一緒に同行すると言うシーン 

Sam:彼女を止めなきゃ Dean:どうやって? 怪物がいるからいるから来るなと? Sam:ああ 

Dean:兄弟が消えたんだ 黙ってないさ。俺達が同行し、彼女を守るんだよ Sam:親父捜しは? 子守が先か? Dean:・・・・・・ Sam:何だよ Dean:別に

と言って、魔物退治の道具が入ったバッグをサムに放り投げます。ディーンは純粋に兄を心配する姉弟を心配してると思うんだけど、サムからしたらディーンはまた意味もない狩りをしてる・・・と思ったのか・・・。でもやっぱり私の脳ではなるべく彼女に近づけたくない嫉妬するサムの行動にしか見えませんでした。 だからだろうか・・・・その後の森に入ってのシーンは何故かディーンよりもサムが彼女の所へ真っ先に飛んでいったりしてます。明らかに兄ちゃんの近くに近寄らせないために・・・(腐) そしてあのガイドとやり合ったサムがディーンに何故こんな所にいるんだと愚痴るシーン。サムが一刻も早く父親を見つけジェシカを殺したヤツを見つけたいとディーンに訴えるシーンで、ディーンが優しく説得。その最後のシーン 
 
↑こんな顔で微笑まれたらそらサムもたまらんっちゅうねん!!  
↑結局つられて笑った人(笑) この時の台詞、ディーンが「あとは 悪魔どもを殺しまくる事だ」と言ってます(笑)言葉の割には優しい笑顔なんですよね。きっとサムにしか見せないはず!! で、結局ヘイリーとディーンがあの化け物に捕まってしまうのですが、その時のサムの慌てよう  
「ディーン」とこれまた大声張り上げて叫んじゃいました。そして、ディーンが食料と称して持っていた「M&M」のチョコが目印のように点々と落ちているのを発見したヘイリーの弟。あの時のホッとした顔をしたサム。萌えます!そうして二人を発見したサムは・・・真っ先にディーンの元へ・・・ 

 
全然隣につるされているヘイリーは無視です(爆)。ひたすらディーン、ディーンと叫んでディーンの安否を確認するサム。そして真っ先にディーンのつるされた綱を切るサム。おいおい隣の女性にもちっとは気付よ!とつっこみました私(笑) それにしてもサムの中では兄が一番なんだろうな・・・そんな台詞が後に出てきますが・・・(笑) だいたいジェシカがいた時も兄のお願いを断れなかったサムを思うと、やっぱりサムってディーンのこと・・・って思うんですよね(笑) そして事件は解決。ヘイリーからお礼のキスをして貰ったディーン。キャプってないですが、その時の背後にいたサムの表情に注目でした。複雑な表情をしているように見えるのは私だけ?? で、このサムのディーンを見つめる瞳・・・ 
 
いいな・・・僕もヘイリーみたいにディーンの頬にキスしたいな・・・と思っている目!に見えてしょうがなかったです(病) 

■ここから妄想劇場ですいつキスが出来る?!頑張れサム! 

サム「ディーン、今なら二人に気づかれないし・・・キスしよ」 

サム「ほらほら・・・ほっぺでも良いし、ね、ね、ね、」 

ディーン「お前アホだろう。どう考えてもばれる・・・」サム「え?」チューという口のまま固まるサム・・・ 

サム「ちぇ・・・今なら大丈夫だと思ったんだけどな・・・」 

ディーン『俺だって、その頬にキスしたいなぁとか思っちゃったけど・・・』 

ディーン『今この場でキスしたらきっと驚くだろうな・・・ていうか、多分収集つかなくなる気がする・・・サムが・・・』 

ディーン『それはそれで面白いかも・・・』サム『次は何処でキスをねだろう・・・』とそれぞれの思惑を胸に・・・次回のチャンスを待つサムだった(笑)


だ、ダメだ・・・本編が萌えすぎるんです!妄想劇場無くそうかな・・・・で、萌観察オンリーでいってみようかな・・・。だってこの二人本編でも普通にイチャイチャしてるんだもの~~(鼻血) 

◆おまけ ① 面白顔二連発 

ヘイリーの家に上手く入ったディーンの顔・・・どう見てもデ○ット伊藤に見えるんですけど(笑) 

そんなディーンを見たサムが呆れた顔をしたんですけど。キャプると面白い顔になってました。白目むいてるよ!(笑)

② サムの素早さ・・・ディーンの襟首を掴み引っ張るガイドさん↓を見たサムは・・・   
一番後ろを歩いていたサムでしたが・・・↑の瞬間前に出てきてます。流石サム!ディーン探知機か!(笑) 
③ サム一歩後退・・・普段はディーンと「顔が近いよっ!」と思うほど接近しているサムですが・・・ガイドのおっ
ちゃんとサムが口論。勢い余っておっちゃんの顔がサムの近くに・・・   
 

が・・・・後ろに後退しおっちゃんとの距離を保ったサム。その後すぐディーンが止めに。ディーンも二人の距離が近いと思ったのか・・・(な訳あるかいっ! 笑) 

全然関係ないVなんですがお互いがサムとディーンと呼び合っているそれだけを集めたVを見つけました。面白かったので貼ってみました。↓こちら↓ 時間のある方はどちらが多く相手の名を呼んでいるのか数えてみるのも面白いかも(笑) Sam and Dean say each other's names! と、第2話の萌感想をUPしました。かなり長くなった・・・それだけ二人の萌え要素が多いって事ですよね。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Without a Trace FBI失踪者を追え! S2 発売決定! HOME SNS2の第15話「Tall tales」のDirector's Cut
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
注意事項とお願い
このブログは2年を経て復活いたしました。 更新の方はぼちぼちと滞る事が多いと思いますが 好きな事を目いっぱい書いていこうと思います。
勿論某アイドルグループの事も! 海外ドラマは斜め思考の邪妄想で見ています。 そんな管理人の病的ともいえる妄想吐き出し場です 免疫のある方のみ遊んでやってください。
同性愛的要素、大人なトークを多く含みますので、不快を示す方、義務教育を修了していない未成年の方は閲覧をお控え下さいますようお願いします。
また、萌、などの腐女子発言も頻繁に出てきます。そういった事の理解出来る方、大人のジョークの分かる方のみ入室お願いします。
注意事項を守らず不快な思いをされてもこちらは一切責任を負いません。後は自己責任でお願いします。

使用しています画像、文章の権利に関しては、著作権及び肖像権に帰属します。掲載している画像、文章等の無断転載は禁止です。
リンク