忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
注意事項とお願い
このブログは2年を経て復活いたしました。 更新の方はぼちぼちと滞る事が多いと思いますが 好きな事を目いっぱい書いていこうと思います。
勿論某アイドルグループの事も! 海外ドラマは斜め思考の邪妄想で見ています。 そんな管理人の病的ともいえる妄想吐き出し場です 免疫のある方のみ遊んでやってください。
同性愛的要素、大人なトークを多く含みますので、不快を示す方、義務教育を修了していない未成年の方は閲覧をお控え下さいますようお願いします。
また、萌、などの腐女子発言も頻繁に出てきます。そういった事の理解出来る方、大人のジョークの分かる方のみ入室お願いします。
注意事項を守らず不快な思いをされてもこちらは一切責任を負いません。後は自己責任でお願いします。

使用しています画像、文章の権利に関しては、著作権及び肖像権に帰属します。掲載している画像、文章等の無断転載は禁止です。
リンク
Maillform
ご意見・ご感想ありましたら、気軽にどうぞ♥ お返事はブログ内記事にていたします。 ※但し悪戯・中傷・迷惑・宣伝広告等のメールは一切受付けません。
Powered by NINJA TOOLS
アクセス解析
ブログ内検索
[40] [63] [41] [168] [66] [42] [68] [67] [69] [70] [71]
第5話 リネットの場合 American Goodess (WATS3) 

<注:ネタバレ感想あり>
 
ストーリー >> 
整形とダイエットにより「アメリカン・クイーン」に輝いたリネット・ショーがイベント後の控え室から姿を消した。部屋には争った形跡があった。彼女のマネージャーカプランやTV番組のプロデューサーにも話を聞くが、トラブルに巻き込まれるような事はなかったと言う。ただリネットの知らせにより番組をおろされた女性アンジーは番組のプロデューサーを告訴していた事がわかった。アンジーに話を聞くと拒食症になりかけた彼女を救ったりネットに感謝していて恨んでいる様子は無い。そしてアンジーの話では昔から好きだったと言う男声がいたことが分った。一方リネットの留守番電話に同じ男性から3件メッセージが入っているのをダニーとサムが見つける。また彼女は失踪の前日にドレスをクリーニングに出していることも分った。控え室から出た指紋と留守番電話の男がポール・ファイファたど分る。彼はリネットが以前入院していたメンタルクリニックに同じ頃入院していた。そこで知り合い、彼女とはいい友達なのだと言う。また、リネットが以前働いていたレストランの従業員に話を聞くと、そこのオーナーであるハルにリネットは惚れていたのだという。彼女は彼のために自分を磨き美しくなったのだった。ハルに話を聞くが彼女に誘われはしたが断ったのだと言う。しかし2日前、リネットはある男性とホテルのロビーで会っているのを目撃されていた。またその日ポールも同じホテルに行っていた。彼の話では、その日、リネットと一緒に映画を観ようと彼女のアパートへ行くと丁度そこから出てきたリネットの後をつけていったのだという。ポールはそこでリネットに愛の告白をするが振られてしまう。リネットは実はハルと会う約束をしていたのだった。しかしハルと一夜を共にした後酷い降られ方をしてしまう。朝方帰ったりネットには母親からの信じられない言葉が・・・全てに拒絶されたりネット。彼女は絶望のあまり控え室を荒らしそして出て行ったのだった。彼女が向かったのはクイーンズの整形医師の所だった。彼女は、以前の自分に戻るために手術を受けたのだった。しかし麻酔アレルギーがでてしまい、医師免許の無いバリックはチャイナタウンのホテルへと彼女を連れてきていたのだった。無事発見され彼女は病院へと運ばれていった。そして本当の自分を愛してくれるのはポールだと気づくのだった

 感想 >>
 今回は、私的にはホッとする話でした。一番ムカついたのはリネットの母親。あんなに愛情うすな母親でいいのだろうか・・・全て自分中心でしか物事が言えない。なんてかわいそうな人だろうと思いました。またリネットは心に傷を負い、整形してもダイエットしても結局は何も変らない事を知ります。そして本当に自分を愛してくれる人を見つけるんですよね。一番印象に残ったのは、ダニーの気持ちかな・・・彼の最初の整形ダイエットに対する偏見とも言える発言が、ドラマが進むにつれ彼女がいかに愛されておらず、自分を変えて新しい自分になりたかったのか。ダニーが彼女に対して優しい気持ちになっていったのは見ていて感動でした。ポールに話しかけるダニーとハルに対する冷たいとも取れる態度。そうやってダニーも色々勉強していくんだろうね(なんて・・・笑)。
 

どうでもいい話ですが・・・
リネットのマネージャーでありリネットの母親のフィアンセでもあるカプランさん。彼の声がねぇ・・・ホレイショだったんですよ!!CSI:マイアミのホレイショ・ケインですよ!! ずっとホレイショにしか聞こえませんでした(苦笑) 以下から妄想劇場炸裂です。大丈夫な方だけレッツゴー!

■ダニー素敵シーン(サムネイル大)
    
                       
今回はダニー多くてうれしい悲鳴♪♪ 
■続きましてダニマー愛コン&ツーショット久しぶりのダニマーなので少々興奮気味です(笑)   
正確には愛コンして無いんですが、マーティンがダニーを見つめてる感じがいいです♪   
ダニー切れてますが(笑)、よーく見ると愛コンしてる?? な微妙な感じですがツーショットなのでいいのだ!      
 ダニーの肩越しにマーティンの頭が(笑) 
    
マーティンが目をそらしてもダニーはまだ見つめてます(はーと)
   
いやいやぁ、今回沢山のツーショット!!嬉しいっすね~♪ 

■ここから妄想劇場になります。(注:偽関西弁あり) なにやら、またお二人さん・・・・ 
ダニー「すんませーん、誰かいませんか??」 

と、そこにフロント係が・・・係「はい、あのご用件は?」ダニー「ええ・・すぐに一部屋用意して欲しいんすけど・・・」 

係「うち、完全予約制なんですよね・・・」ダニー「そこを何とかなりませんかね・・・一部屋で良いんすけどねぇ」 

マーティン「ダニー無理なんじゃないの? 他探してみる??」 

ダニー「アホゥ、時間無いねんで」 

マーティン「そうだけどさ・・・」係「あの10分ほど行った所にうちの系列のホテルがありますんで、そこだったら・・・連絡しますね」ダニー「みてみい、聞いてみるもんやろ」 

係「予約取れましたんで大丈夫だと思いますよ」マーティン「あー、どうもありがとう」
そう言ってマーティンはこのホテルのパンフレットを次来る時ともって帰ったのでした。そして車を飛ばすこと10分。そこはチャイナタウンにある古びたホテルだったのです。
ダニー「どうや、部屋取れたか?」 

マーティン「ああ、ばっちり!」ダニー「で、何号室?」おっちゃん「えーと、215号室だべかのぉ」 

おっさん「あ、あんたら綺麗に使ってくれよ・・・」そう言うとマーティンに鍵を渡すおっさんだった。 

マーティン「大丈夫」ダニー「ほな、行こか」
時間が無いのか急いで階上に行くふたり・・・
急げ、急げ 

ガチャガチャ・・・部屋のキーを差込ドアを開ける・・・と 

マーティン「ばっちりだ!」 2人で愛コン 

マーティン「あ、ヴィブ? 今ちょっと電波の悪い所にいて、1時間位繋がらないと思うんだけど、何かあったら携帯にメッセージお願いするよ」ダニー「ようやった!」
そうして、2人は久しぶりのチョメチョメを楽しんだのでした。後はご想像にお任せします(笑)
 

■おまけ
  
跳ねすぎだから・・・・爆 と、3週ほど送れちゃいましたが、ようやく5話目upし終わりました。 6話目は前後編でこれまたちょっと重いお話ですが、頑張ってUPします~相変らず暗いwatですが、なるべく妄想は楽しくしていきたいなと思いますvv 最近は早く更新しなきゃと思いつつも、いつもあれもこれもと興味が多すぎて更新するのが遅くなってしまってます。申訳ないです。でも頑張ってUPしていきますので、気長にお待ちくださいね~。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]