忍者ブログ
妄想吐き出し場・・・
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第5話 鏡の中の真実 Bloody Mary

<注:ネタバレ感想あり>

オハイオ州、トレド。ある晩、少女達が告白か挑戦かというゲームをしていた。挑戦を選択した少女に課せられたのは、鏡の前で「血まみれメアリー」と3回唱えること。バスルームへ行き鏡の前で3回唱えるとメアリーから目をえぐられるという伝説だった。彼女は所詮噂だとそれを実行。しかしそれを唱えた少女の父親が両目から血を流し死んでしまう。
この事件がスーパーナチュラルなものと感じたディーンとサムはこの家族に聞き込みを開始する。そこで彼女らの友達だと言うチャーリーという女性と出会う。彼女は二人を不審に思っていたが、その夜友人が同じように鏡の前で目から血を流し死んでしまった事で、二人に助けを求めた。サムとディーンは「血まみれメアリー」の伝説について捜査をするが、なかなか手がかりを得られない。
そして、チャーリーもまたメアリーの標的に。
すると狙われる人物にある共通点があることが分った。それはみんな何らかの秘密を持っていると言うことだった。先に死んだ男性は妻を殺してしまったと言う罪。チャーリーの友達は8歳の少年をひき逃げしていた。またチャーリーもまた恋人が別れ話の途中で自殺していたのだ。何らかの罪を背負い秘密にしていた者がメアリーの標的となっていた。
サムは自分も同じように恋人を失いある事を秘密いにしていた。彼は自分が囮になることを決意し、事件に挑むのだった。

以下から妄想炸裂です。同性愛的表現に嫌悪感を抱く方はスルーしちゃってね。

拍手[0回]


■まずは2人のツーショット&愛コン














あああ・・・またとめどなく貼ってしまった・・・まだあるんですがこの辺で終わります。
続きまして・・・

■萌えシーン

聞き込みを開始するウインチェスター兄弟。早速お宅拝見!現場となったバスルームへ・・・
とそこにチャーリーが登場
彼らに
Charlie:What are you doing up here?
(ここで何してるの?)と言う質問に対し
Dean:We--We had to go to the bathroom.

(俺たちはトイレに行ってたんだ)
↑のディーンの台詞に一瞬サムが二度見します(笑)
確かにチャーリーの問いかけに、2人でバスルームって変だわね・・・
2人で何をコソコソと・・・・全然まともじゃないディーンの言い訳にサムもきっと「え?」ってなったんでしょうね。そこに気づく辺りサムの邪さが伺えます(笑)
要するにバスルームに男二人が入って何をするかって話ですよ>うぉ~妄想したがな・・・(笑)


次に私が受けたシーンを

これ↑は個人的に好きだったアングル(笑)
2人の共同作業です(爆)
ディーンに暗視カメラってどうするのって聞いてるサムですが、分ってて計算でやっているようで・・・・あんなにPC使いこなせるんだからカメラも使えるだろうに・・・それともこちらもディーンのハンドメイドですか?>なわけないし(笑)
Sam:Hey, night vision.

そのあとのサムの台詞
Sam:Thanks. perfect.
聞きました!?奥さん!上のキャプにはディーンがばっちりっすよ!
サムったらディーンが気づくまで暗視カメラに映してましたよ!!
それは何に対してパーフェクトだったのだろうか・・・邪推しまくり(笑)
きっとこの時サムはきちんと録画モードにしてディーンをばっちり納めたに違いない>アホ

そして↓

映っていることに気づいたディーンが言った一言。
字幕では「ホラーっぽい?」となり吹替えでは「俺いけてる?」となっているのですが、実は原語ではこう言ってます。

Dean:Do I look like Paris Hilton?
(パリス・ヒルトンみたい?)

いろんな意味で爆笑!「蝋人形の館」をパロってたりする?もしかして・・・。
ジャレッドも出てたしね・・・なんて思ってしまいました。その後あまり受けがよくなかったのかディーンの渋い顔がまた受けましたけど・・・(笑)
「蝋人形の館」の感想はこちらで書いてます。良ければご参考にどうぞ。

そして最大の告白シーン??
 
では比較してみましょう。
まずは【字幕】から
Dean:ジェシカだな? 彼女の死がお前の"秘密"か?
Sam:・・・・
Dean:終りにしろ
Sam:・・・・
Dean:悪夢とか 夜中に彼女の名を叫んだり・・・もたないぞ
Sam:・・・・
Dean:いいか あれは お前のせいじゃない 殺した奴を責めろ いや、俺が悪い 引き離したんだから
Sam:関係ない
Dean:とにかく防ぎようがなかった
Sam:警告できた
Dena:何を? 予測不能だった それに秘密じゃないし メアリーは現れない
Sam:違う
Dean:何が?
Sam:言ってない事がある
Dean:何をだ?
Sam:話さないから秘密だろ?
Dean:・・・・・ダメだ そんなことは許さない
Sam:手を打たないとチャーリーは死ぬんだぞ いや あと何人犠牲者が出ると思う?
やるんだ 僕にやらせてくれ


次に【吹替え】版
Dean:ジェシカが死んでるからか
Sam:・・・
Dean:自分のせいで死なせてしまった それがお前の秘密か
Sam:・・・
Dean:サム、こんなことしてたらダメになる
Sam:・・・・
Dean:そうだろ、悪夢にうなされたり、夜中に彼女の名前を叫んだり・・・死んじまうぞ
Sam:・・・・
Dean:はっきり言ってやる いいか あれはお前のせいじゃない 悪いのはジェシカを殺したものなんだ 俺にも責任はある そもそもお前を彼女から引き離したのは俺だ
Sam:兄貴は悪くない
Dean:なら自分を責めるな あの時何が出来た
Sam:言えた筈だ
Dean:いったい何を? お前に予測できたのか? いいかこれは秘密じゃない メアリーには通用しない。 俺も知ってることだよ
Sam:知らないよ
Dean:なんだって?
Sam:兄貴は知らないんだよ 秘密があるんだ 兄貴に全部話てない
Dean:何だ言ってみろ
Sam:言ったら秘密にならないだろう
Dean:無理だ 俺が許さん そんな方法で退治できるか
Sam:たとえ無理でも何とかしないとチャーリーが殺されてしまう ほっといたらこの先どれだけの犠牲者がでるか分らない メアリーは退治する 頼む僕にやらせてくれ


最後は【原語】で (  )は私のヘッポコ訳です。間違ってたらごめんなさい。
Dean:This is about Jessica, isn't it?
     (ジェシカか?)
Sam:・・・・
Dean:You think that's your dirty little secret? That you killed her somehow?
     (それがお前の秘密か?お前が彼女を殺したと?)
Sam:・・・
Dean:Sam, this has gotta stop, man.
     (サム、もうよせよ)
Sam:・・・
Dean:I mean, the nightmares and calling her name out in the middle of the night...It's gonna kill you.
     (なあ、悪夢や真夜中にジェシカの名前を叫んだり お前死んじまうぞ)
Sam:・・・・
Dean:Now, listen to me.It wasn't your fault.If you wanna blame something, then blame the thing that killed her.
     (なあ、俺の話を聞け あれはお前のせいじゃない。責めるんなら 彼女を殺したものを責めろ)
Dean:Hell, why don't you take a swing at me.I dragged you away from her.
     (畜生、何で俺を責めない 俺はお前を彼女から引き離したんだぞ)
Sam:I don't blame you.
     (兄貴を責める気は無いよ)
Dean:You shouldn't blame yourself. There's nothing you could've done.
     (だったら自分を責めるな。 お前には何も出来なかった)
Sam:I could've warned her.
     (彼女に警告出来た)
Dean:About what? You didn't know what was gonna happen. And besides, all of this isn't a secret. I mean, I know all about it.It's not gonna work with Mary.
     (何について? お前に何が起こるかは知らなかった。それにこれは秘密じゃない。俺の知っていることだ。 それはメアリーに対して通用しない)
Sam:No you don't
     (いや、違う)
Dean:I don't what?
     (違うって何が?)
Sam:You don't know all about it. I haven't told you everything.
     (兄貴は全てを知っているわけじゃない 僕は兄貴に全てを話していない)
Dean:What are you talking about?
     (何を話してないんだ?)
Sam:Well, it wouldn't really be a secret if I told you, would it?
     (なあ、 僕がいったらそれは秘密にならないだろ?)
Dean:・・・・・No. I don't like it. It's not gonna happen. Forget it.
     (ダメだ。俺は好きじゃない。それは出来ない 忘れろ)
Sam:Dean, that girl back there is going to die...unless we do something about it. And you know what?Who knows how many more people are gonna die after that.Now, we're doing this.
     (ディーン、戻らないと彼女が死んでしまう・・・僕らが何かしないと。それに、ほっといたら多くの人たちが犠牲になってしまう。今、僕らがやるしかないんだ)
Sam:You've got to let me do this.
     (僕にやらせてくれ)


と、こうなります。
字幕も吹き替えもですがチャーリーと銘打っていますが、原語では「girl」と言ってまして、チャーリーなんて一言も言ってませんね。サムとしたらそれだけの認識なのかも・・・と邪推し、
また兄貴に全て打ち明けていない秘密って??それってディーンをずっと思っててだからジェシカにもいえなくて・・・で、告白する前にあんな事になってしまって・・・
って事ですか??深読みしすぎですか?? いえ病気です(爆死)

そして最後のこの台詞で私はもう・・・邪に見ずにはおれなくなりました。
 
Dean:Hey, Sam?(なあ、サム)
Sam:Yeah,(何?)
Dean:Now that this is all over I want you to tell me, what that secret was.
     (もう全て終わったし、お前の秘密を言ってくれよ)
Sam:Look, You're my brother.... ...and I'd die for you. But there are some things I need to keep to myself.
     (聞いて、兄貴、ぼくは貴方のためなら死んでもいい。でも少しぐらい秘密を持っててもいいだろ)


なんですか?とうとう弟告っちゃいました。
兄貴のためなら死んでもいいそうです。ヤバイ心臓バクバク・・・・
最初この台詞を聞いたとき、何度巻き戻ししたか分りません(笑)
それ位衝撃的でした!!

■ここから妄想劇場にしようかと思ったんですが、萌え要素多すぎで自爆・・・・
二人のイチャイチャシーンをどうぞ

サムがディーンの腕をパシパシ・・・キャプると掴んでるみたいで萌える・・・

そしてディーンのサムの服引っ張りシーン

何か可愛いんですけどディーン(デレ)

サムのこの呼び止め方も好きです。

それにしても近いよなこの二人・・・・

慌てて駆けつけたディーン。サミーと連呼すればすかさずサムが

「サム」だ・・・ってあんた血い流してまでサムに拘るなんて・・・・でもS2であなたはなんと言いましたか?!!と言いたくなります。ハイ・・・・萌えます。
■ちょっとここで妄想劇場
サム「もうダメ・・・兄貴、死ぬ前に一度でいいからキスして・・・・」


心配そうに覗き込み、サムの流れる血の涙を指で拭くディーン・・・いいっすね~兄弟っすね~>壊
ディーン「ん~~無理・・・・」

こうやって見ると改めてサムのでかさが際立ちます。でもよくサムを抱えるディーンっていうシーンが多い気がするのは気のせいでしょうか?
サム「じゃあ、帰ってから・・・」
ディーン「お前死ぬんじゃなかったのかよ・・・・」


で、最後はまたしてもボディタッチ。こんなシーンが多いから好き(笑)

今回はこんな感じで5話目を終了します。
あのインタビュー記事でやられてしまい、何となく5話目が物足りなく感じます(笑)
今回は妄想劇場お休みです。次回妄想が駆り立てられるような絵がありましたら再挑戦!
だってこの人達この中だけでもう既に萌えられるのよ・・・・私(笑)
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Supernatural: The Official Companion Season 1 (Paperback) HOME Jensen and Jared interviewed by the Norwegian magazine TOPP
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
注意事項とお願い
このブログは2年を経て復活いたしました。 更新の方はぼちぼちと滞る事が多いと思いますが 好きな事を目いっぱい書いていこうと思います。
勿論某アイドルグループの事も! 海外ドラマは斜め思考の邪妄想で見ています。 そんな管理人の病的ともいえる妄想吐き出し場です 免疫のある方のみ遊んでやってください。
同性愛的要素、大人なトークを多く含みますので、不快を示す方、義務教育を修了していない未成年の方は閲覧をお控え下さいますようお願いします。
また、萌、などの腐女子発言も頻繁に出てきます。そういった事の理解出来る方、大人のジョークの分かる方のみ入室お願いします。
注意事項を守らず不快な思いをされてもこちらは一切責任を負いません。後は自己責任でお願いします。

使用しています画像、文章の権利に関しては、著作権及び肖像権に帰属します。掲載している画像、文章等の無断転載は禁止です。
リンク