忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
注意事項とお願い
このブログは2年を経て復活いたしました。 更新の方はぼちぼちと滞る事が多いと思いますが 好きな事を目いっぱい書いていこうと思います。
勿論某アイドルグループの事も! 海外ドラマは斜め思考の邪妄想で見ています。 そんな管理人の病的ともいえる妄想吐き出し場です 免疫のある方のみ遊んでやってください。
同性愛的要素、大人なトークを多く含みますので、不快を示す方、義務教育を修了していない未成年の方は閲覧をお控え下さいますようお願いします。
また、萌、などの腐女子発言も頻繁に出てきます。そういった事の理解出来る方、大人のジョークの分かる方のみ入室お願いします。
注意事項を守らず不快な思いをされてもこちらは一切責任を負いません。後は自己責任でお願いします。

使用しています画像、文章の権利に関しては、著作権及び肖像権に帰属します。掲載している画像、文章等の無断転載は禁止です。
リンク
Maillform
ご意見・ご感想ありましたら、気軽にどうぞ♥ お返事はブログ内記事にていたします。 ※但し悪戯・中傷・迷惑・宣伝広告等のメールは一切受付けません。
Powered by NINJA TOOLS
アクセス解析
ブログ内検索
[311] [138] [271] [318] [59] [139] [244] [270] [140] [243] [269]
第17話 兵士とフィアンセ GUNG HO (WATS2)

<注:ネタバレ感想あり>
ストーリー>>
失踪者はケビン・グラント歩兵第64連隊の上等兵 3週間前にティクリートの郊外で負傷。
先週帰国、傷が治りフィジカルチェックをパスすればまたイラクへ戻る予定だった。
彼にはサラというフィアンセがおり、今回は彼女の話から失踪が発覚、軍からの要請で捜査が開始された。
ケビンにはテネシーのディスカウントで働いている兄が一人いた。母親は3年前に他界し、父親は刑務所に入っていた。サラの話ではイラクから戻って人が変ったという。不眠症で怖い夢を見ては起き、食事もあまり取らなくなっていったらしい。
ケビンはイラクに半年のはすが1年と3ヶ月もいたのだという。週に1度電話やメールでのやり取りをしていたが、現地でのことはあまり話していなかった。
実はケビンは兄と半年前に中古車の整備と修復のビジネスを始めたばかりだった。ようやく退役できたはずがそのビジネスは留守中ダメになってしまった。
お金も無く、今住んでいる母親がケビンに残したと言う家も借金のため手放さなければならない事になっていた。
帰ってきてからもケビンは誰ともあおうとしなかったと言う。唯一今も付き合いのあるチャックとは会っていた様だった。
チャックは軍の仲間で彼も先週帰国したばかりだった。
ケビンがいなくなる前の晩も家に来て何かを話していたという。
チャック・ホワイティングを調べると、彼はケビンのすぐ後で帰国を許されたことが判明。しかも負傷したからではなかった。所属部隊よりも先に帰国を許されたのは何故なのか・・・
しかしそのことについての彼の記録がないのだった。軍は何かを隠しているのではないのか・・・
ケビンと同じ隊だったリハビリ中のジェフ・クレーに話を聞く。
すると先日ケビンがやってきたと言う。しかもかなり様子が変でなにか悩んでいる様子だったと。
チャックの足取りは不明。昨日から帰っておらず、管理人も観ていないと言う。
ジャックはFBIのバクダット支局と話していた。問題の戦闘には疑問点が多いことが判った。
ケビンの小隊の中尉はそれ以来司令部勤務になっており、処分は未定で、軍法会議もありうるという。そしてチャックは不名誉除隊になっていることが判明する。
マイヤーズ大尉に戦闘中に何があったのかはっきりしないことを伝えると
実はFBIに捜査協力を求めたのは原因がイラクにあると思うからだという。
早速イラクへ向かうダニーとジャック。
バクダット支局のベックマン捜査官がケビン・グラントの経歴を入手していた。
それによると、ケビンは非の打ち所の無い模範的な兵士だったようだ。しかし彼はマーカフィン軍曹に歯向かったというのだ。
またあの戦闘は小隊長であるクーパー中尉のミスであることもわかった。
クーパー中尉に話を聞く。
彼は全面的に自分のミスを認めていた。
チャックについては戦場で略奪行為をしている疑いがあったための帰国だった事がわかる
戦闘中の話を聞くと、爆発物のパトロールから戻る途中にそれは起こったという。
突然置いてあった車が爆発し、銃撃戦へと突入したのだ。
そして3名の尊い命が失われた。
ダニーはマカフィー軍曹にケビンが歯向かったわけを聞いていた。
ケビンはサラから手紙で別れを告げられ、どうしても彼女と一緒にいたいと言う想いからマカフィーに喧嘩を吹っかけ、不名誉除隊されるために一芝居を打つ計画を立てたのだった。
ジャックは他の兵士に話を聞いていた。するとケビンは自殺をするためにわざと撃たれたと言うのだ。
サムがサラに話を聞いていた。サラは職場の上司と付き合っていた。しかしケビンが帰国したため別れ話も宙に浮いた形になってしまったという。サラの相手であるレンに話を聞くと、失踪の前日にケビンが自分の所へやってきて自分に何かあったら彼女を頼むといったというのだ
ケビンの目的はお金のようだった。
チャックのアパートから続き番号のキャッシュが見つかったのだ。2000年の8月にシンシナティの銀行から盗まれたものだった。
この2日間に起きた銀行強盗をリストアップすることに・・・すると銀行の防犯カメラの映像にケビンらしい人物が映っていた。失踪当日の午後3時、二人組がペンシルベニアで銀行を襲った事件だった。ちょうどその場に居合わせた警官が撃たれ病院へ運ばれたが途中で死亡していた。
ケビンが必ずサラへ電話を掛けてくるはずだと、サムとダニーは逆探知を仕掛け張り込みをしていた。するとチャックが逮捕されたと連絡が入る。
チャックに話を聞く。
防犯カメラの映像を見せると観念したのか、供述を始めた。
ケビンを強盗に誘ったのは自分で、もしかしたらあの時サラが帰ってこなければケビンは考え直したかもしれないと。強盗は計画通りに進んでいたが、ケビンが女性に発砲してしまった。
一緒に逃げようと言ったがケビンは金のためにやったわけではないと一人出て行ったと言う。
そしてケビンは自宅に戻ってきた 銃を持って・・・。
ダニーとサラを人質にして・・・ジャックの説得もあっさり受け入れた。
そして、ダニーが説得するのも聞かずケビンはカラの銃を向け外に出でスワットにより狙撃されるのだった。そして事件は失踪者射殺で幕を閉じるのだった。

--------
今回のゲストはこの方

Andy Powers
OZではケラーに首をひねられ殺されてしまうウインスロップ役。ERでは強迫性の精神病ではないかと疑われた研修医生役でした。
そしてCSI:S4 第11話 地獄の12人(Eleven Angry Jurors)ではピーナッツアレルギーで死んじゃう役でした・・・。彼も結構ゲスト出演してますね。
今回は足をなくした負傷兵の役でした。いつもちょっと癖のある役が多かった感じなので、今回結構まともだったので逆に物足りなかったです(笑)



--------

感想 >>
今回は、やりきれない思いが残りました。
最後のあの終りはね・・・結局ケビンは勲章もらえたのかな・・・・。
それにしてもあの中での一番の悪の根源はフィアンセだったんじゃなかろうか・・・
1年と3ヶ月・・・待ってやれよ!と思ってしまいました。しかもですよ、手紙で別れ話って・・・・お前には血も涙もないんか!
で負傷して帰ってきたら一緒に住んでるわけでしょう。ケビンとしては生地獄だわな・・・。
サムが彼女に対して取った態度は女性なら分かる気がします。結構きつかったモンね。
そして、今回はダニマーお預けでしたが、ダニーが素敵でした!
特にあの迷彩!!最高っす!「BHD」を彷彿とさせるあの格好はたまらんもんが(笑)
そして今回も「了解っす!」が健在でした♪
ダニーの「バクダッドの空港でお土産買ってきたからね♪」って何のお土産だったんでしょうね。
勿論マーティンは別に買ってあるのよね!!(腐)


以下から妄想劇場になります。苦手な方はスルーしましょう♪

■ダニー素敵シーン(サムネイル大)
  

  

  

  

■ダニマー愛コン&ツーショットは無かったんですけど・・・
こんなの貼ってみました。
 
↑の2枚//マーティンの座っていた場所にダニーが座ってる・・・というどうでもイイ内容(苦笑)
それにしても、このテーブルってやっぱり基本が4人掛けな気がするんですけど・・・
だってマーティン立ってたよ・・・。

■ここから妄想劇場になります↓↓↓(注:偽関西弁あり)
失踪したケビンの捜査のためイラクに行く事になったボスとダニー
そう、ただ一人納得行かない人がこちらに・・・

マーティン「ボス、何故ダニーを連れて行くんです?」


ジャック「何だ、不満か?」


サム「ええ、そうね。言わせて貰えば私達が不満よ」


ヴィヴ「そうよ、明日から耳がいやになるほど、愚痴を聞かされるんだよ」


ジャック「捜査のために行くんだぞ。私に言われても困る」


マーティン「ボス、ダニーと1日でも離れているのは辛いんです。だから・・・」


サム「ボス・・・・」


ヴィヴ「ボス・・・」


ジャック「私に言わないでくれ・・・ダニーにも同じ事を言われたんだ」


サム「だって。マーティン、おとなしくダニーの帰りを待つのね」


マーティン「あい・・・」
とりあえず、ダニーも自分と同じ気持ちだったと言うことで満足したのかマーティンは素直にボスとの出張を承諾したのでした(笑)
* * * *
その後、イラクから帰ってきたダニーとボス

ボス「ただいま」
ダニー「ただいまぁ~」


サム「どうだった?二人旅行は・・・」
ボス「楽しかったよ」
ヴィヴ「マーティンが聞いたら怒るよ」


ダニー「大丈夫、マーティンには腰し抜かすほどの土産買うて来たから♪」


サム「バクダッド空港にそんなお土産あるの?」
ダニー「フフフフ・・・・内緒♪」

さて、ダニーさん、埋め合わせに何を買ってきたんでしょう。
マーティン腰抜かす?腰砕け?(笑)
これで、二人はまたまたラブラブなわけね・・・・(爆)

今回は、ダニマーの絡みが一切無くてなんかしょぼい妄想劇場になってしまいました。
妄想劇場はとりあえずドラマのストーリーに沿った劇場にしてしみました。
ダニーとボスが一緒に出張するんで、ちょっと不安なマーティン。
でもダニーも実はマーティンと一緒でない事に不満があった・・・萌っすね~(腐)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]