忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
注意事項とお願い
このブログは2年を経て復活いたしました。 更新の方はぼちぼちと滞る事が多いと思いますが 好きな事を目いっぱい書いていこうと思います。
勿論某アイドルグループの事も! 海外ドラマは斜め思考の邪妄想で見ています。 そんな管理人の病的ともいえる妄想吐き出し場です 免疫のある方のみ遊んでやってください。
同性愛的要素、大人なトークを多く含みますので、不快を示す方、義務教育を修了していない未成年の方は閲覧をお控え下さいますようお願いします。
また、萌、などの腐女子発言も頻繁に出てきます。そういった事の理解出来る方、大人のジョークの分かる方のみ入室お願いします。
注意事項を守らず不快な思いをされてもこちらは一切責任を負いません。後は自己責任でお願いします。

使用しています画像、文章の権利に関しては、著作権及び肖像権に帰属します。掲載している画像、文章等の無断転載は禁止です。
リンク
Maillform
ご意見・ご感想ありましたら、気軽にどうぞ♥ お返事はブログ内記事にていたします。 ※但し悪戯・中傷・迷惑・宣伝広告等のメールは一切受付けません。
Powered by NINJA TOOLS
アクセス解析
ブログ内検索
[244] [270] [140] [243] [269] [141] [629] [268] [242] [142] [107]
第15話 少年エリック12歳 WANNABE (WATS2)

<注:ネタバレ感想あり>
ストーリー>>
失踪者はエリック・ミラー12歳。授業中トイレに行くと教室を出たまま行方が分らなくなる。
トイレの鏡は割れ、柱には血の痕と、争った形跡があった。
目撃者はなく、職員に不審な人物はいないかと疑うが特に変わった様子は無い。身代金目的の誘拐か・・・捜査を開始する。
エリックは失踪の朝、スクールカウンセラーの元へ行っていた事が判明。
両親に話を聞くと、最近のエリックは気まぐれで食って掛かることがよくあったと言う。
昨日もパソコンを買いに行く約束をしていたが、ゲームセンターに行っていたと6時過ぎに帰ってきたことで少し口論となったが、両親はそれ以上問い詰めなかったという。
スクールカウンセリングに通わせたのは母親の意向で、成績が頭がいい割には伸びず、常に自分に自信が持てないという理由からだった。
まずはエリックがよく行くと言うゲームセンタへ。すると2・3日前に来たきりで、昨日は着ていないことが分る。とりあえず防犯カメラの映像をチェックする事に。
サムはカウンセラーから話を聞く。
エリックはよく怖がっていたという。それは誰かを怖がっていと言うことはなく、人一倍劣等感が強いせいだった。しかし、自分の悩みを両親には一切話していないエリック。
ヴィヴはエリックの友達のダレンに話を聞いた。するとエリックはビリー・ホプキンスという少年から度々嫌がらせを受けていたことが判明。
また2日前の防犯カメラにある少年と口論しているエリックが映っていた。
まずはビリーに話を聞く。しかしビリーはその日学校をサボっており、自分は何もしていないと主張、また防犯カメラに映っていた少年は同じクラスのリサの兄、フランク・ポッターと判明する。
フランクに話を聞くと、エリックが妹のリサをいじめたからだという。
リサに話を聞く。それは3日前の月曜の事、授業が始まる前にエリックがリサの顔を酷くけなしたと言うのだった。
子供達が何かを隠している事に気づくジャック。
そして、トイレの血痕はリックのものと断定。また、ビリーのパソコンからリサが送ったメールに裸で縛られたエリックの写真が送られてきていることが判った。それは学校中の皆に送っていた。
リサに写真の事を問いただすと、エミリー・リビーンから貰った事が判明。
またその写真が撮られた場所はクイーンズにある乗馬クラブだとわかる。
すぐにダニーとサムが向かう。
すると、ブランディの話からその写真は昨日取ったものだと判明。
そしてその場には、エミリーやリサもいて、リサをいじめたエリックに対し仕返ししたというのだ。リサが写真を撮り、皆にメールを送れと支持したのがエミリーだった。
しかし翌日学校に来たエリックは元気そうだしいつも通りだったので別段着にしなかったと言う。
そして、エリックは自ら姿をくらました事が判明する。エリックは限界だった。ずっといじめられ 自己嫌悪に陥っていた。そして衝動的に硝子を割り失踪したのだ。
もしかしたら自殺を図るかもしれない・・・。
それぞれが必死で探す中、両親の元へエリックから電話が・・・
しかし彼は何もいわず電話を切った。すぐに逆探知を行いダニーが向かう。
そのすぐ後にダレンにも電話がかかってくる。エリックはさよならとだけいい電話を切る。
そして、ダニーとジャックはブランディの家の庭で首を吊っているエリックを発見。
すぐさま救出し、無事エリックは命を取り留めた。しかし、彼はもう二度とあの学校に戻る事は無かった。

感想>>
今回は、何度観ても泣いてしまって、私には辛いエピでした。
ダニーがエリックを助けるシーン。涙を流しながら救出するダニーに一人号泣→
このシーンを観たら余計泣けてきて・・・・。
それに失踪したエリックが可愛いから余計感情移入した感じです。
あのくらいの年齢って本当に怖いくらい大人な考えを持っていたり、その反面、未熟さもあるので先のことを考えない突発性みたいなものもあるんですよね。
特に成長の早い女の子は時に残酷だったりします。
エリックをブランディが馬小屋に誘うシーンは本当に大人顔負けだと思いました。

今回は久しぶりにダニマーが拝めて嬉しかったですね。
しかもダニーの「了解っす!」が聞けました~♪
やっぱりあの言葉を聞くと「おっ!」ってなります!
そして今回はマーティンに自分の過去をチラッと話すダニー。
折角、ダニーがそれとなくマーティンに自分の過去を話してたのに、全然聞いてないよな感じで話をきったマーティン。このにぶちんが!!と一人ツッコミしてました(笑)
それにしても二人の対照的な少年時代が垣間見れた瞬間でしたね。

↓から妄想劇場になります。同性愛的表現が出てきます。ダメな人はスルーして下さい。

■ダニー素敵シーン(サムネイル大)
  
  
  
  
ダニーの涙に号泣でした(T□T)。

■ダニマー愛コン&ツーショット
 
 
 
久しぶりに二人のツーショットが拝めて嬉しかった♪
この調子で来週もお願いしたい・・・・(笑)


■ここから妄想劇場になります↓↓↓(注:偽関西弁あり)
今日は二人が一緒に暮らし始めて3日目。
一緒に同伴出勤したかったけれど、そうは行かないのが大人の都合。
朝、目を覚ますと枕元にマーティンからの手紙が添えてあったのでした。
喜んだダニーは暇さえあればそれを眺め、ニタついていたのです(笑)

ダニー「ふふふん・・・」


サム「そんなにその手紙面白いの?」


ダニー「あ、サム・・・これかぁ?マーティンからのラブレターや」
サム「ラブレター?」


ダニー「せや。・・・この文末が最高やねん」


ダニー「愛してるよ・・・マーティンより・・・・ああ、俺って愛されとるな~ってね?」


サム「はいはい、愛されてる愛されてる(棒読み)」
ダニー「なんや、文句でもあるんか?」


サム「いいえ、呆れただけよ・・・でも初めて見たかも・・・ダニーのニヤけた顔・・・・」


ダニー「なんやそれ~(ニヘラ)」

そんな会話をしている二人の後ろからマーティン登場


マーティン「サマンサ、ちょっとダニーにくっつきすぎじゃないかな」


マーティン「ダニーもダニーだよ」


マーティン「ちょっと目を放した隙に・・・本当に油断もすきもあったもんじゃない」



ダニー「ち、ちやうねん・・・これは」
マーティン「・・・・・」


ダニー「誤解やて~」


そして・・・
ダニーとサムの仲の良い姿を見たマーティンは・・・
後日 >>

マーティン「サマンサ、君はその・・・・」


マーティン「いや、そうじゃなくて・・・」


サム「なによ、はっきり言いなさいよ」


マーティン「サマンサはダニーの事が・・・もしかしてすきなの?」


サム「はあ?何でそうなるの」


マーティン「だよね、君たちなんだかいいコンビだから・・・ちょっと嫉妬しちゃってさ」
サム「あら、ちょっとうれしいわね。私もライバル視してくれてるんだ」


サム「じゃあ、私がダニーに気がある・・って言ったらどうする?」


マーティン「え?」


マーティン「幾ら君でも僕は容赦しないよ。その時は、真っ向から君と勝負するよ。ダニーは決して渡さないからな!」


そう捨て台詞を吐き、サムが「冗談よ~」と言った言葉も聞かず、その場を後にしたマーティンなのだった。
どうする誤解したままのマーティン!
来週乞うご期待?(笑)


さて、どうするマーティン。ジャックのほかにサムまでも・・・
前途多難な展開になるのか・・・ならないのか・・・作者も不明(笑)
最近ダニーとサムのコンビがなかなかいい感じなのでちょっと絡めてみました。
特に意味は無いです(笑)
すいません。今回連休というのもあって、UPがかなり遅れました。で、待たせた挙句がこれです(汗)

■おまけ
ダニーってマーティンいも優しいのね~というシーン。
普段男には厳しいダニーですが、マーティンには優しかった?!>って違うか(笑)

一緒にドアを開けるシーンがなんとも良かった(笑)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]