忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
注意事項とお願い
このブログは2年を経て復活いたしました。 更新の方はぼちぼちと滞る事が多いと思いますが 好きな事を目いっぱい書いていこうと思います。
勿論某アイドルグループの事も! 海外ドラマは斜め思考の邪妄想で見ています。 そんな管理人の病的ともいえる妄想吐き出し場です 免疫のある方のみ遊んでやってください。
同性愛的要素、大人なトークを多く含みますので、不快を示す方、義務教育を修了していない未成年の方は閲覧をお控え下さいますようお願いします。
また、萌、などの腐女子発言も頻繁に出てきます。そういった事の理解出来る方、大人のジョークの分かる方のみ入室お願いします。
注意事項を守らず不快な思いをされてもこちらは一切責任を負いません。後は自己責任でお願いします。

使用しています画像、文章の権利に関しては、著作権及び肖像権に帰属します。掲載している画像、文章等の無断転載は禁止です。
リンク
Maillform
ご意見・ご感想ありましたら、気軽にどうぞ♥ お返事はブログ内記事にていたします。 ※但し悪戯・中傷・迷惑・宣伝広告等のメールは一切受付けません。
Powered by NINJA TOOLS
アクセス解析
ブログ内検索
[298] [103] [132] [630] [178] [133] [179] [180] [181] [155] [182]
第23話 自分をさがして Lost and Found (WATS2)

<ネタバレ感想あり>
ストーリー >>
ジャックは2週間後にシカゴへ行くことを部下たちに告げる。一同は驚き、特にサマンサは動揺を隠し切れない。
セリーン・バーンズと名乗る少女がFBIにやって来る。インターネットで、自分かもしれない幼女「セリーン・アンドルーズ」が捜されていることを知ったのだ。セリーンは3歳の時に、今の養父母バーンズ夫妻に引き取られて以後、幸せに暮らしてきた。しかし、「セリーン・アンドルーズ」は13年前、里親の元から誘拐されていた。
バーンズ夫妻が結んだ養子縁組資料によれば、セリーンの元の名前は「セリーン・カルドウェル」。だが、生みの母親テレサの顔写真をセリーンにみせたところ、母親ではないと言う。一方、「セリーン・アンドルーズ」の生みの母親ローレンは、セリーンの写真を見て「自分の娘だ」と言う。
(NHK公式サイトより)

感想 >>
今回は、どこかホッとさせると言うか、ちょっと涙してしまいました。
親がろくでなしだと子供は可愛そうですよね・・・・
今回は上手くまとまった回だったのかなと思いました。
育ての親と生みの親、一緒にすまなくても二人の母親が出来たセリーンは結果的に良かったのかもしれないですよね・・・って事で(笑)
それにしても流石ダニー!自分も同じ経験をしてるだけにセリーンの実の母親を捜すのはお手の物でしたね(笑)揉み手が最高♪
と、ここでいよいよジャックさんシカゴ行きを皆に告げちゃいましたね。
サム大きく動揺、そこをすかさずマーティンが・・・つけいってました(笑)
ダニーはちょっとボスに行かないで~と頼んでいましたが逆に誘われこれまた大きく動揺・・・
サムどころではないよダニーとられちゃうよ!!マーティン!とつい叫んだ私でした(笑)
でもきっぱりと拒否してましたね。ジャックがちょっと寂しそうでした・・・。
ジャックもいざ付いていくと言ったもののやはり何処か迷ってる感じがありましたよね・・・でも、最終回が・・・あれだからね・・・・(涙)


----------
ここで今回のゲスト紹介
Arye Gross(アリー・グロス)
彼はいろんな役で出てます。有名な所ではトム・クルーズ主演の「マイノリティ・リポート」。一番最初に妻の浮気現場を目撃し犯罪を犯そうとした夫の役で出てました。他にもゲイムービー「Big Eden」とか。こちらはLatest Movieで、一応感想書いてますのでお暇なときにどうぞ。他、CSIだとかERといったドラマシリーズにゲストとして出てることが多いですね。
なので多分どこかで見かけた・・・と思う俳優さんだと思います。


以下から妄想劇場になります。
同性愛的表現が出てきます。ダメな方はスルーしてください。

■ダニー素敵シーン(サムネイル大)
  
  
  
一番左上のダニーさん、「ヤンキースぼろ負け♪」と満面の笑顔でしたが、ボスのシカゴ行きを聞き・・・・2枚目は「え・・・」とショックな顔・・・サムとダニーの表情が曇る瞬間ですね。>ヴィヴも驚いてたし、マーティンもビックラこいてましたけども・・・(笑)

■ダニマー愛コン
 
ダニーさんの手もみ最高です(笑)
 
と、今回も実は絡みの少ない二人でした・・・・

■ここから妄想劇場になります。(注:偽関西弁有り)
今回は、ジャックがシカゴ行きを決めたと報告を受けたダニー。
もう過去のこととは言え、動揺を隠せない様子・・・・
そんなダニーに不安を覚えたマーティンは・・・・ちょっと今回シリアスに決めてみた(笑)

ボスがシカゴに行くと知ったダニーは・・・・・

ボスのオフィスへと報告をしに行った時、思い切って心境を告白

ダニー「ボス・・・ちょっと話があるんっすけど・・・」
ジャック「なんだ」


ダニー「あの、ほんまにシカゴに行くんっすか?」


ダニー「だったら・・その・・・・出来れば行かないで欲しいんっすけど・・・まだ色々教わりたいことだって沢山・・・」


ジャック「じゃあ、お前も一緒に行くか?」


ダニー「・・・・え?」


ダニー「無理言わんとってくださいよ・・・僕がいけるわけないやないですか・・・・」


ジャック「マーティンを置いてはいけないって事か・・・」


ダニー「あたりまえやないですか・・・・マーティンは俺の人生そのものなんっすよ」

所変わって・・・
マーティン、ダニーがジャックを引き留めたという噂を耳にしてしまいます

マーティン「まさか・・・そんなこと・・・・ああ・・・じゃあ」
と受話器を切り


マーティン「ダニー!ちょっといいかな」


ダニー「え?なんや♪」


マーティン「さっきジャックの所に行った時・・・二人で何話してたの」


ダニー「ああ?仕事の話やけど??何で??」


マーティン「いや・・・ちょっと」


ダニー「なんや?変なヤツやな」


ダニー「と、俺手がかり見つけたんで、そっち行ってくるわ・・・ほな、今夜な♪」
マーティン「・・・・ああ」

そうして、マーティンは先ほどの噂が気になり、仕事中もダニーとジャックのことを考えてばかり・・・

マーティン「・・・・・・」
じっと見る


マーティン「・・・・・・」
気付とばかりにじっと見る


サム「なんなのよ、さっきから・・・私に話でもあるの?」


マーティン「あ、分かっちゃった??」
と言うやいなや、マーティンは早速サムの前に座ると・・・・


マーティン「実はさ・・・ジャックにダニー誘われたらしいんだよね」


サム「誘われた??」


マーティン「そう、シカゴに一緒に行かないかって言われたみたいなんだよ・・・」


サム「ああ、それなら知ってるわよ。ダニーはきっぱり断ったらしいわ」


マーティン「断ったって・・・ホントに?」


サム「ええ本当よ、マーティン、あなたダニーに愛されてて羨ましいわ。もっと自分に自信を持ちなさい。」
そうして、マーティンの悩みは解消されたのでした。
きっと夜は僕を悩ませた罰だ!!とばかりにダニーは眠らせてもらえなかったかも・・・(鼻血)


ってなんだこりゃ・・・・何故みんなに筒抜けなのよぉ~!!!>と自分でつっこんでみた(笑)
それにしても笑う要素が一つもない・・・・(泣)
たまには良いよね・・・良いよね・・・・こんな変な話でも・・・(撃沈)

■おまけ
マーティンと赤ちゃん → 
ダニーと子供の図はよく見掛けますが、マーティンの赤ちゃんを抱いている姿なんて滅多に拝めませんよね。何となくぎこちないけどもやさしく抱っこしてるマーティンがいいです(^▽^)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]